アパレル営業グループ

アパレル営業グループの組織構図

アパレル営業グループの組織構図

OEM生産、ODM生産の紹介

スポーツウェア、カジュアルウェア、ユニフォームなど、全ての衣料品に対応できる生産機能を有しており、製造のみに携わるOEM生産に止まることなく、素材開発から製品デザインまでを提案するODM受注販売事業を行っております。

素材提案

常に日本、中国、台湾、韓国の新素材・付属品の情報を集めて、お客様のご希望に提案できる姿勢を整えております。

商品企画

AP営業は社内外の企画スタッフと共に常に商品開発を進め、機能性、デザイン性に優れた製品の提案、海外生産にも対応しております。

縫製、仕上げ

裁断品を仕立てる縫製工程は、製品の出来映えを左右する重要な工程です。縫製仕様書を的確に理解した上、高品質な製品を一枚ずつ生産しております。出来上がった製品は全量検品の後、アイロン工程、装工程を経て、更に折れ針や金属類の混入を防止するため、検針機を通し、安全確認の上、出荷工程へ進みます。バルク生産は中国90%、ミャンマー5%、日本生産5%でお客様に良品高品質な製品をお届けしています。

物流

国内外で生産された製品は、物流センターに集荷された後、品番・カラー・サイズ等によりICT(情報通信技術)を駆使し管理を行い、間違いなく正確にお客様にお届けしております。

ワーカーズインタビュー アパレル営業グループ 古橋 哲

アパレル営業グループでは主にアパレル企業などのOEM生産を行っています。 素材開発から企画提案、縫製、出荷に至る自社の一貫体制の強みを活かし、  スポーツウェアやユニフォーム等の企画・開発を社内だけではなく、     クライアントとも一丸となって取り組みます。プロスポーツ選手が着用する試合用ユニフォームや企業の社員様向けの制服、小売店に流通するアパレルウェア、チームオーダーなど展開は多岐に渡り、モノづくりの面白さを感じています。